www.wearebindle.com

「スプレッド」とはFXは外貨を買ったり、売ったりすることによって利益を生む商品です。トレードの値は動いています。それが為替レートです。インターネットを見ているとドルやユーロの話題が流れる時があります。見かけるのが、「ただいまのドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。別の表現をすると外為取引には買値と売値の値が存在するのです。売値、買値ではなく、BID、ASKと提示しているFX取引会社もあったりします。普段は売値が買値よりも安価に決められています。自分が買値は高く、売値は低くなっています。この差をスプレッドといい取引業者の稼ぎといわれています。スプレッドの狭さは会社によって変化します。スプレッド幅は自分にとって費用になるので小さい取引会社を選んだほうが得します。ただし、同じFX業者でも状況に応じてスプレッドの差は変動します。日常的には円とドルのペアで1銭のスプレッドとは言ってもマーケットの上げ下げがかなり激しいケースでは1銭よりも大きくなる事があります。なので、スプレッドの広さが狭いのと同様に変化が少ない事が肝心です。現在では固定でスプレッドを提示するFX取引会社も多数存在します。リアルにFX会社のトレード画面で本当の為替相場を調べなければわからないのでやっかいですが、とても大切なことです。大事な投資資金を賭けて売り買いしますのでリアルなトレードの前に、気になる会社の取引口座開設をして、表示されているスプレッドの差を実感しましょう。同じ通貨でもそのときの為替相場のボラティリティによって、通貨ペアのスプレッドの差は異なる場合があります。普通は、インターバンク市場で取引高が多い通貨ではスプレッドの広さが小さく別の通貨ではスプレッド幅が広くなるのが普通です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.wearebindle.com All Rights Reserved.