貸金業として登録を済ませている業者であれば勤務先や実家へ訪問

そもそも、自己破産を請求するまでの間はその人への電話での借金取り立てと本人の家への直接訪問での返済要求は違反というわけではないと考えられます。

自己破産に関する手順に入ってから申し込みまでに長い時間がかかるケースでは債権保持人はなりふりかまわぬ集金を実行するリスクが上がります。

債権保持人側からすると借金の返納もせずにかつ破産のような法的な作業もされないという状況だと業者の中で対処をなすことが不可能になるからです。

他にも債権保持人の一部は法律屋に結びついていないと知ると、相当きつい返済要求行為を繰り返す債権人もいます。

司法書士法人あるいは弁護士の人に助力を求めた場合、個々の債権保持人は借金した人に関しての取り立てをやることができなくなります。

頼みを伝えられた司法書士の担当者や弁護士の方は事件を請け負ったと記載した手紙を各取り立て業者に配達し、各取り立て会社が受領した時点から取り立て企業による強引な集金から逃れられるという流れになります。

ちなみに、取り立て業者が会社や親の家へ行く返済請求は法のガイドラインで禁止事項になっています。

貸金業として登録を済ませている業者であれば勤務先や実家へ訪問する返済要求は法に抵触するのを理解しているので、違法であると言えば、そのような徴集を続行することはないと言っていいでしょう。

自己破産に関する手続きの後は申請者に向かった収金を含めて、例外なしに収金行為は禁じられます。

よって収金行為が消滅することとなります。

けれども、ごく一部にはそういったことを知っているのにやってくる業者もゼロとは断定できません。

貸金業で登録されている会社ならば、自己破産に関する手続き後の取り立てが借金に関する法律のガイドルールに抵触するのを知っているので、違法であると言えば、そういった取り立てをやり続けることはないと言っていいでしょう。

しかしブラック金融と言われている不認可の企業についての場合は、違法な取り立てなどによる被害事例が増加し続けているのが現実です。

闇金が取り立て業者の中にいそうなケースでは絶対に弁護士事務所や司法書士事務所などの専門家に救いを求めるようにする方がいいでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.wearebindle.com All Rights Reserved.