避けるために自己破産

免責不許可事由というものは破産を申し立てた人に対して、以下のような事項にあたるときは帳消しは認可しないとするラインを指したものです。

だから、極言するとすれば弁済が全然できないような場合でも、この免責不許可事由にあたるならば借り入れの帳消しが却下されてしまうような可能性があるとなります。小澤康二

自己破産を申告し、免責を勝ち取りたい人にとっての最後にして最大のステージが「免責不許可事由」ということなのです。京都 上野クリニック

これらはメインとなる免責不許可事由の概略です。瓜破斎場

※浪費やギャンブルなどで極度にお金を減じたり、きわめて多額の債務を負ったとき。美脚サプリ

※破産財団となる資産を秘匿したり、意図的に破壊したり貸し手に損害が出るように処理したとき。京都市 早朝バイト

※破産財団の負債を偽って水増しした場合。福岡銀行カードローン審査通りやすい?【スマホ簡単仮審査!】

※破産宣告の原因があるのに、それらの貸方に一定の利を与える意図で資本を譲り渡したり弁済期前に債務を払ったとき。赤ちゃん 便秘

※前時点で返済不可能な状態なのに、現状を伏せて債権を持つものを信じさせて継続してローンを続けたり、クレジット等により換金可能なものを購入した場合。名古屋の不用品回収

※虚偽による債権者の名簿を役所に提示したとき。40代の看護師転職・求人情報

※免責の申し立ての過去7年間に免除を受理されていたとき。

※破産法が求める破産した者の義務内容を違反したとき。

上記項目に含まれないのが免除の要件とも言えるものの、この内容だけで具体的にパターンを考慮するのは一定の経験の蓄積がない限り簡単なことではありません。

また、厄介なのは浪費やギャンブル「など」とあることにより分かるのですが、ギャンブルといわれてもただ数ある例のひとつにすぎず、ギャンブルの他にも具体例として書かれていないことが星の数ほどあるということです。

例として書かれていない状況の場合は個別の場合のことを述べていくと細かくなってしまい具体的な例を書ききれないときやこれまで残っている裁判の判決に照らしたものがあるので、個別の申し出がそれに該当するかどうかは一般の方にはちょっと見極めがつかないことが多いです。

いっぽうで、自分がそれに該当するなどと夢にも思わなかったような時でも裁定が一回宣告されてしまえば、判断が無効になることはなく債務が残るだけでなく破産申告者であるゆえのデメリットを7年にわたって負うことになります。

というわけですので、免責不許可判定という悪夢を避けるために自己破産を検討している段階において多少でも不安に思う点や不明な点がある場合まずはこの分野にあかるい弁護士に連絡を取ってみるとよいでしょう。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.wearebindle.com All Rights Reserved.